住友不動産建物サービス
メニュー


サービス詳細SERVICE DETAIL

明治座
(エンターテインメント):

”観る・食べる・買う”が揃う、東京で最も長い歴史を持つ劇場


2023年に創業150周年を迎える明治座。
時代劇や歌手による座長公演、花形歌舞伎、テレビ・映画・アニメ・漫画を舞台化した作品、ミュージカルなど、バラエティに富んだ舞台を上演しています。
日本橋にもほど近く、下町情緒の残る粋な町で、贅沢なひとときをお過ごしください。


舞台『ゲゲゲの鬼太郎』 特別ご優待案内

終演後、劇場スタッフによる舞台装置の解説が聞ける特別プランです!

<あらすじ>
困ったことがあったら人間がゲゲゲの鬼太郎(荒牧慶彦)に手紙を投函できる妖怪ポスト。
最近依頼がなく不審に思ったねこ娘(上坂すみれ)が妖怪ポストを張り込んでいると…
ねずみ男(藤井隆)が依頼を勝手に受けていた。
とある村で、天邪鬼のリン(七海ひろき)が現れ人間の邪魔をする、と聞いたねずみ男は、「これで天邪鬼を退治できる」と、村人たちに妖怪に効く 薬を売りつける。
鬼太郎と目玉おやじ(声:野沢雅子)は、人間が直接、天邪鬼と対峙するのは危険だと村へ駆けつけ、村人のタケル(立花裕大)と出会う。タケルは「石垣を壊すのは危険だ!」と村人に訴えるが、皆、聞く耳を持たない。騒動の最中、仲裁に入ろうとした目玉おやじは瀕死の重傷を負ってしまう。
瀕死となった目玉おやじは砂かけばばあ(浅野ゆう子)が待つゲゲゲの森に帰り、看病されることに…。
人間からは「妖怪」だと恐れられ妖怪からは「人間の味方」と敵視されるリンに、鬼太郎は親近感を覚えるが…。


サービスご利用には、ログインが必要です。ログインボックスよりログインしてください。